アフリカ南部 (Southern Africa)

【調査年と構成員】

・2015年 丸山先生、齋藤拓也君、佐藤友彦君、藤崎渉君、沢田輝君、上田修裕君

【現地でお世話になった研究者】

 ムガンダニ研究員、ブライアン研究員、トゥー研究員(ジンバブエ地質調査所)

ジンバブエ(Zimbabwe)

 太古代中期の地質体からアフリカ最古のジルコンと呼ばれる鉱物を発見すべく、Chinhoyi, Shurugwi, Beitbridge周辺で岩石を採取しました。現地の地質調査所の研究員と議論をしながら毎日の調査日程を確認し(4-5枚目)、調査を行いました。新しい場所に行く度に現地(地主など)の許可が必要で、岩石採取までの手続きが他国に比べて煩雑な気がしました。

 主要通貨は米ドルになっていました(自国通貨の生産は中止したようです)。


南アフリカ(South Africa)

 南アフリカ共和国東部にあるバーバートン緑色岩帯と呼ばれる前期太古代地質体で岩石採取を行いました。2枚目の写真中央は「コマチアイト」という岩石の語源である「コマチ川」です。3枚目の写真は約35億年前の礫岩で、この中からもアフリカ最古のジルコンを見つけるべく、東大の学生が研究中です。


食事

 食事は西洋化されており、ガボンに比べるといたって普通で、ハンバーガーやピザなどが普通に食べれます。ただし、ジンバブエの主食(?)の「サッツァ」と呼ばれる白い粘性穀物は味がほとんど無く、日本人にとっては苦痛かもしれません。