顕生代表層環境に関連する研究

 顕生代の大量絶滅(上記矢印)のうち、2.5億年前のP/T境界と2億年前のT/J境界絶滅事変に興味を持って研究をしています(赤矢印)。研究対象地域は岐阜県坂祝町などです。

 T/J境界の大量絶滅の原因として、大規模火勢活動と隕石衝突の2つが注目されています。T/J境界に堆積した泥の中の白金族元素の濃度(右図黒丸)を調べた結果、火成作用起源領域のデータのみが得られ、T/J境界に起きた事象としては大規模火成活動の方が強い影響を持っていたことが明らかになりました(詳細はFujisaki et al., 2015)。

(Fujisaki et al., 2015)



【顕生代表層環境研究に関する業績】

 

論文題名:Tracking the redox history and nitrogen cycle in the pelagic Panthalassic deep ocean in the Middle Triassic to Early Jurassic: Insights from redox-sensitive elements and nitrogen isotopes

著者名:Fujisaki, W., Sawaki, Y., Yamamoto, S., Sato, T., Nishizawa, M., Windley, B. F., Maruyama, S.

雑誌名・巻・頁・発行年:Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 449, 397-420, 2016

 

論文題名:Accreted Kula plate fragment at 94 Ma in the Yokonami-Melange, Shimanto-Belt, Shikoku, Japan

著者名:Saito, T., Okada, Y., Fujisaki, W., Sawaki, Y., Sakata, S., Dohm, J., Maruyama, S., Hirata, T.

雑誌名・巻・頁・発行年:Tectonophysics, 623, 136-146, 2014


論文題名:Constraints for the causes of mass extinction at the Triassic-Jurassic boundary based on high precision platinum group element analyses

著者名:Fujisaki, W., Sawaki, Y., Yokoyama, T., Yamamoto, S., Maruyama, S.

雑誌名・巻・頁・発行年:分析化学, 64 341-348, 2015